でめ子のフルートと クラシック音楽と。。

初めての方、ご常連さま、お身内さん、ご訪問ありがとうございます!!フルートと大好きなクラシック音楽について綴っています。

一流。

0   0
「この辺りにピアノの凄い人が住んでるのよ。」確かフルートを再開したばかりの頃だったか、当時、教わっていたフルートの先生が周りから噂を聞いたらしく、何気ない会話の中でお話しくださったのだが、その頃は演奏活動も殆どなさっていらっしゃらなかったようでお名前や具体的な経歴などの情報を調べることができず、それがピアニストの”佐藤美香”さんだと知ったのは5、6年前。その後、たまたまネットでCDを入手し、瞬く間にその...

人間性。

0   0
誰かを非難したり批判したりというのは好きではないのだが、 先日あることを目撃し、昔からくすぶっていた心が黙っていられなくなったのでここに吐き出す(苦笑)どんな世界でもあることかもしれないが、自分が良かれと思っている言動でも、相手にとっては、あまり気分の良いものではない場合がある。自分が正しいと思っていることでも、間違っていることがある。一口に"アマチュア"と言っても、いろんなタイプの人がいて、私ごと...

呼吸と体幹。

0   0
いままでの練習の中で感じたことを書いてみよう。偉そうに書くけど、あくまでも自分に向けてなのでお許しを今回は「呼吸と体幹」について。音楽の基礎がソルフェージュだとすると、演奏の基礎は呼吸と体幹である。先ず、この2つの能力を備えることが本物へ近づくための第一歩となる。これはピアノや弦楽器など、クラシックに関しては、どんな楽器であれ根本的なところは同じだと考える。 ソルフェージュは当前のスキルだとして、...

教訓。

0   0
演奏で大切なのは①「正確であること」②「内容がしっかりしていること」③「面白いこと」T師匠のお師匠さまであるN先生のお言葉。(※正確には齋藤秀雄先生とのこと)ネットでたまたま出会って、とても感慨深い(耳の痛い(笑))言葉だったので、ここに書き留めておく。N先生のおっしゃることと少しかぶるけど自分なりに鑑みると、おおよそ下記のような内容だと思う。①で大事なのは、ソルフェージュ能力。リズム、拍、アンサンブル能力、...

ありがとう、ムラマツくん。

0   0
この度訳あって、10年間相棒として苦楽を共にしてくれたmuramatsuくんから卒業することにした。お迎えしてからの6~7年は、この14金を正しく鳴らすことが出来ず、時々、総銀の楽器で勉強しなおしたり、自分に合った奏法や呼吸法を色々試しては失敗→稀にほんの少し手応えを掴むというサイクルを延々と繰り返し続け、どうにかこうにか…以前よりだいぶマシな奏法を身につけ、実はこんなに吹きやすい楽器だったのか!と認識できるよう...

3点セット。

0   0
言わずと知れた、モイーズ先生の基礎練習教本。"ソノリテ〜"は昔から持っていたけど、3冊揃えるとなると、お値段が本の厚みのわりに少々お高いので、いままでコピーという邪道な手段に頼っていたのだけどやっぱり、ちゃんと襟を正そうと思い立ちムラマツのネットで購入したまではいいのだけど、届いてみたら仲間ハズレになってる人を発見・・!!なんと初級の本が色もサイズも変わってる!オーマイガー!個人的にはあまり好きじゃ...

ミュンヘン国際音楽コンクール。

0   0
毎年ひそかに楽しみにしているコンクール。今はオンデマンドで聴けるので、良い時代になったなぁ~と思う。若干夜更かしにはなるけど、リアルタイムでも聴くことができる。このクラスになると、さすがに皆さんミスがないのは当然だけど、呼吸が深く、音の芯や軸がしっかりしてて音色の響きが豊かで”自分だけの音色”を持っていたり、さらにフレーズの表情のつけ方が魅力的だと、瞬く間に心を奪われる。どうやら、ピアノ部門に日本人...

ニューフェイスちゃん。

0   0
ひょんな事がきっかけで、ご縁をいただいた新しい相棒ちゃん💕サブ楽器として、お迎えすることに。約40年前に作られたYAMAHAのハンドメイド・総銀ソルダード(YFL81)で、初代ルイロットをモデルにしているらしく見た目が似ていて、どことなく風格も感じる。。 ※上がYAMAHAちゃん、下がロットちゃん。唄口も似てる。ロットのような華やかさやカリスマ性?はないけれど、まろやかによく響く、素直で優しい音色。前オーナさんが、ほ...

思い出の曲。

0   0
モーツァルト「Andante」。これには苦い思い出がある。「それ本気?君はもっと吹ける人だと思ってたよ。」忘れもしない10年前、T師匠からレッスンでグサリと言われた一言。それまでは褒められることが多く、周りからチヤホヤされた経験しかなかった私に、目を覚まさせてくれた師匠の鋭い一言と、一見易しそうに感じるが、実は難曲であるモーツァルト先生がある意味、私のフルート人生を変え、お尻に火をつけるきっかけになった曲な...

息抜き。

0   0
最近、つかの間の息抜きと化しているトラヴェルソ。身近にトラヴェルソ吹きさんがおらず、詳しい情報が得られないので、ネットでいろいろ調べて、良さげな教則本を購入。おそらく、モダンフルートで言うところの"アルテ"のようなもの。説明が全部英語なので、、そこはすっ飛ばして(苦笑)エチュードをおさらい。課題となる調は、基本的にD,G,Aまでしか記載されていない。初心者は、おそらくこれくらいマスターしていればOKという...