でめ子のフルートと クラシック音楽と。。

初めての方、ご常連さま、お身内さん、ご訪問ありがとうございます!!フルートと大好きなクラシック音楽について綴っています。

レアものに弱い。

0   0
地元の楽器店ではあまり見かけないグッズをネットで発見すると、ついついクリックしてしまう。特にフルートクロス(笑)お値段もお手頃なので、すぐに財布の紐が緩むいかんいかん...

充実の2日間。

0   0
古楽の世界へ足を踏み入れたいと願うものの、ワタクシは、右も左もわからない超ど素人。百聞は一見にしかず、というわけで、毎年地元で開催されている『新・福岡古楽音楽祭』へ行って少しお勉強をしてきた。1日目は、トラヴェルソのマスタークラスを聴講に行く筈が、よく調べずに行ったものだから、到着したら既に終わっており…なんという失態(苦笑)夕方からは、クイケン率いる"ラ・プティット・バンド"の「ラ・カンテリーナ」を...

一流。

0   0
「この辺りにピアノの凄い人が住んでるのよ。」確かフルートを再開したばかりの頃だったか、当時、教わっていたフルートの先生が周りから噂を聞いたらしく、何気ない会話の中でお話しくださったのだが、その頃は演奏活動も殆どなさっていらっしゃらなかったようでお名前や具体的な経歴などの情報を調べることができず、それがピアニストの”佐藤美香”さんだと知ったのは5、6年前。その後、たまたまネットでCDを入手し、瞬く間にその...

ミュンヘン国際音楽コンクール。

0   0
毎年ひそかに楽しみにしているコンクール。今はオンデマンドで聴けるので、良い時代になったなぁ~と思う。若干夜更かしにはなるけど、リアルタイムでも聴くことができる。このクラスになると、さすがに皆さんミスがないのは当然だけど、呼吸が深く、音の芯や軸がしっかりしてて音色の響きが豊かで”自分だけの音色”を持っていたり、さらにフレーズの表情のつけ方が魅力的だと、瞬く間に心を奪われる。どうやら、ピアノ部門に日本人...

父が。

0   0
テレビをつけたら、見覚えのある顔が。なんと父がローカル番組に出ていた。物心ついた頃から職人の道に入り、ひたむきに、純粋に、ただひたすらその道を極め続けている父。出演者の芸人さんたちに、拙い語彙力ながらも(笑)懸命に伝えようとする姿が可笑しかった。職人歴は60年近いのかな…修行の分野は違えど、私なんぞ到底足元にも及ばない。幼い頃は、様々な色の染料で染まった手が理解できなかったけど、今はその意味がよくわ...

歴史。

0   0
先週末、T師匠がディレクターを務めていらっしゃった筑紫野の某ホールでの隔月コンサートが10年の幕を閉じた。最終回は師匠とピアニストのM先生。プログラムはベーム、シューベルト、プロコフィエフ。最終回にふさわしい、素晴らしい傑作たち。数えたら4度、このコンサートに師匠と共に出演させていただいた。1度目はハーピストのT先生。2度目はピアニストのN先生。3度目はK先生を招いたフルートアンサンブル。4度目は師匠...

桜のトンネル。

0   0
お仕事帰りに、会社裏手の川沿いにて満開の桜並木を満喫。やっぱり桜の季節が一番好き誰に教わったわけでもないのに、美しいものを美しいと感じる。人間の感受性って素晴らしい。この写真じゃ、あまり美しさを伝えられてないけどいつまで愉しめるかなぁ。...

次のステージへ。

0   0
80歳まで生きるとしたら、ちょうど折り返し地点。人生なんてあっという間。さてさて、どんな10年になるのでしょう〜??ワクワク半分。諦め半分(笑)。土曜日から今日までの4日間は、どっぷり練習漬け。6月と8月の発表会へ向けて練習開始しております!楽しみ♪...

K師匠からの電話。

0   0
「お弟子さんの名簿の整理をしていたら、君の名前がでてきたから。元気にしてる?」そう言って、お住いの東京から電話をかけてきてくださったK師匠。年賀状のやり取りはあったけど、肉声を聞くのは、実は2年ぶり?なんだかんだで30分くらい、お話しをさせていただいて。今年で御年74歳。相変わらず、闊達で生き生きとした声を聞き、とても嬉しく思いました。というか、さらにパワーアップされてるかも??毎年、精力的にコン...

そして、腰痛。

0   0
沈んだ気持ちを切り替えて、また頑張ろうとしていた矢先、腰に痛みが…。普通に生活する分は何も問題ないけど、楽器を吹く時は、上半身を風船の様に膨らませるので、それだけで腰に痛みが走る。フルートに限らず、ブレスが音に直結する楽器は、ある意味大変💧フレーズによっては、使える音にならないので、まともに曲が吹けない。特に息が少なくなってくる時なんかは、さらにお腹や腰で、音と響きを支えるので、腰にビリビリッ!とし...
このカテゴリーに該当する記事はありません。