でめ子のフルートと クラシック音楽と。。

初めての方、ご常連さま、お身内さん、ご訪問ありがとうございます!!フルートと大好きなクラシック音楽について綴っています。

高木綾子フルートリサイタル

0   0

ay.jpg

今日はO師匠のレッスンが終わった後、紀尾井ホールへ人気&実力共にナンバーワンの若手フルーティスト、高木綾子さんのフルートリサイタルを聴きに行って参りました。
今回はデビュー10周年記念ということで、意欲的なプログラムでした。

プログラム
ドヴォルザーク:ソナチネ ト長調
シューベルト:しぼめる花による序奏と変奏曲 D.802
イサン・ユン 5つのエチュード
フランク ソナタイ長調

Pf. 坂野伊都子

特にイサン・ユンの5つのエチュードはフルートのソロで、音が丸裸にされた上に、さらにフルート→アルトフルート→ピッコロ→バスフルートといった具合に全ての楽器を使って吹く離れ業?!をされていました。
ただでさえ気性の荒い激しい曲なのに、吹奏感、大きさの異なる楽器を次々に替えながら、音を巧みにコントロール&表現されていました。非常に難易度の高いことをしているのに、そのストレスを全く感じさせないテクニックと度量。同じ種類のフルートを替えるだけでも難しいハズ。。。その後演奏されたのが大曲、フランクのソナタ。凄すぎます。
絶対値が通常の人よりも高いのは明白ですが、あの気力、体力、集中力、柔軟性、安定感はどこからくるのでしょう。。。
そして会場をあっという間に高木ワールドにしてしまう凛とした佇まいとオーラ。
もう、素晴らしいとしか言いようがありません。

今日も沢山勉強になった一日でした

↓応援クリック♪お願いします♪
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://demeco.blog119.fc2.com/tb.php/118-f6ee2af8
該当の記事は見つかりませんでした。