でめ子のフルートと クラシック音楽と。。

初めての方、ご常連さま、お身内さん、ご訪問ありがとうございます!!フルートと大好きなクラシック音楽について綴っています。

マクサンス・ラリュー公開マスタークラス。

0   0

行って来ました
会場のパウエルに聴講予約の電話をすると、「でめ子様、いつもありがとうございます!」ですって。
どうやら、名前を覚えられているらしい。ワタクシって既に常連なのかしら?ハズカシイ~。。。

♪受講曲目
◆モーツアルト コンチェルトD-DUR
◆バッハ パルティータa-moll
◆ルクレール ソナタe-moll

ラリューさんは相変わらずおちゃめな方。冗談を交えながらの楽しいレッスンは心が躍ります。
今回は音量よりも、音色、音質がいかに重要なものかということを学びました。
「ホールの演奏では、音量がさほどない人でも、素晴らしい音質と響きを持っていれば、音量だけの人よりも、しっかり、美しく聴こえる」
あとは、身体を無意味に動かさないこと。ついつい、気分が乗ってくるとフレーズの雰囲気で動いちゃう。
「一流のピアニストは堂々としていて、身体を動かさないでしょ?フルーティストも同じだよ。」

そういえば、中学生の時に初めて買ったフルートのCDはラリューの演奏で、音色の何とも柔らかく、優しく、例えようもない美しさに鳥肌が立った覚えがあります。
まさかこうして間近で聴ける日が来るなんて、当時は思いもしませんでしたが。。。
今日はラリューさんの音色を思い出しながら、練習しております

↓やっぱり基本が大事☆
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://demeco.blog119.fc2.com/tb.php/168-88c1c00b
該当の記事は見つかりませんでした。