でめ子のフルートと クラシック音楽と。。

初めての方、ご常連さま、お身内さん、ご訪問ありがとうございます!!フルートと大好きなクラシック音楽について綴っています。

曲のおさらいって。

0   0

今、マルタンのバラードをさらい始めて、
ようやく”おさらい”がどういうことなのか、わかった気がする。

特に指まわりがやっかいな箇所は
2段さらうだけで、かるく1時間かかる。
リズム練習はたくさんパターンがあるし、
メトロノームを使う練習、使わない練習もある。時には歌ってみたり。
さらに、美しい芸術性を帯びた音色を意識して吹かないと意味が無いので
気力、集中力、忍耐力が必要になる。

おさらいって点描画に似てる。描けもしないけど
あくまで想像ですが・・・
針の穴の大きさぐらいの点を地道に細かく細かく描いていく作業。
稚拙な文章で説明すると、
最初は点だらけで、何なのか判別がつかないんだけど、
様々なプロセスを踏むことにより、影形や光、色、色彩となり
次第に全体像が見えてきて、作品になる。みたいな。

4年ほど前、デュティーユのソナチネを発表会ですることになって
レッスンしていただいた時
あまりの雑なさらいかた、音楽への意識の低さに、
師匠から大目玉を頂戴したことを思いだした。
本当にあのときはヒドかった。。。

でもこうやって、これからも色々なことがわかっていくんだろうな。
もちろん、日々の練習と血と汗と涙(笑)が不可欠だけど。

点描画といえば、やっぱりスーラ様♪

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://demeco.blog119.fc2.com/tb.php/243-073168de
該当の記事は見つかりませんでした。