でめ子のフルートと クラシック音楽と。。

初めての方、ご常連さま、お身内さん、ご訪問ありがとうございます!!フルートと大好きなクラシック音楽について綴っています。

指の独立と脱力。

0   0

偉そうなタイトルつけちゃった☆(●´ω`●)

これは楽器を奏する上で、必ずぶちあたる壁。
指まわりはもちろん、音色や響きにも影響するので
常に意識しながら練習するのですが、
特に4、5番の指は神経が繋がっているので
(4番を動かすと、自ずと5番も動く=指が曲がっちゃうってことね)
独立と脱力は非常に困難を極めます。

実のところ、これが出来る人は天才、もしくは
幼少期からクラシックピアノをしっかり専門的にやってきた人。に限られると思う。

練習すればするほど、苦労を重ねれば重ねるほど、実感することですが
幼少期にどんな音楽教育を受けたかによって、何もかも違うんです。
まずベースが違いますし、大人になってしまっては得られないものが沢山あります。

幼稚園児からおけいこでしかピアノをしてこなかったワタクシには無〜理〜。
どんなに意識して練習しても限界がある。
力が入る時はどうやっても入っちゃう。
時々悲しくなりますが、ある意味仕方ないことだと諦めてます

もういっかい、赤ちゃんからやりなおしたいっ!(笑)

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://demeco.blog119.fc2.com/tb.php/254-47063976
該当の記事は見つかりませんでした。