でめ子のフルートと クラシック音楽と。。

初めての方、ご常連さま、お身内さん、ご訪問ありがとうございます!!フルートと大好きなクラシック音楽について綴っています。

フレンチコンポーザー様

0   0

発表会後、第一回目のレッスン。
発表会の反省を踏まえ
基礎をみっちり…。

ソノリテ
モイーズの24の練習曲
フレンチコンポーザーからガンヌの「アンダンテとスケルツォ」

この曲集には昔から大変お世話になっております。
この中で最初におさらい&本番したのが、
シャミナーデの「コンチェルティーノ」だったなぁ。
もうあれから10年くらい経つかなぁ。懐かしい。

そうそう、T師匠に習い始める前に体験レッスンを受けたのですが、その時に
エネスコの「カンタービレとプレスト」を持っていって、
ケチョンケチョンに言われたんだった!(苦笑)

師匠が以前、この曲集は全部さらった方が良いと
仰っていたのを思い出し、確認したところ、
ビュッセール、デュベルノワ、ペリルー、この3曲を残すのみ。

しっかし、ワタクシの楽譜ボロッボロ。
昔はたくさん書き込みしてたな…
なんか色鉛筆で書いてる所もあるし~( ̄◇ ̄;)
なんか、とっても、きちゃない。
もう、この譜面使いたくないんですけど…( ̄  ̄)
これが、おそらく7年前。


今はブレス箇所、ブリチアルキーとアイスレバー、
見落としがちな臨時記号に印をつける。
あとは、メトロノームでさらい始めるテンポくらいかな。
ちなみに去年の発表会で使った譜面、めっちゃキレイ☆
これは、これからも使える♪


去年くらいから書き込みは減った、というか
自分の中での必要最小限以外は書きたくなくなった。
書くと自分の身に染み込まない気がして。

必要な事は基本的に譜面に書かれてあって、
奏法も含めそこから音程、リズム、フレーズや表現、
ハーモニーに至るまで、様々な五感を使って読み取る、
感じ取る能力を鍛えないといけないかな~、と今は思う。

もちろん、たくさん書き込みして勉強した時期も
決して無駄ではないと思うけど。

新曲って素敵な人との初対面みたいに
気持ちが新たになるから、
この行き場のない悲壮感を(笑)
緩和させてくれるわ。

ありがたや~*(ー人ー;)

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://demeco.blog119.fc2.com/tb.php/276-a903341f
該当の記事は見つかりませんでした。