でめ子のフルートと クラシック音楽と。。

初めての方、ご常連さま、お身内さん、ご訪問ありがとうございます!!フルートと大好きなクラシック音楽について綴っています。

金だから?

2   0

「でめ子ちゃんは、楽器が金だから音がキレイなのね。」
この前のコンサートを聴きに来てくれた、
母を含めた我が親族(ザ・素人集団)からの批評。

「いやいや、それは、とっても大きな誤解だよ。」と言いたい。
そんな単純なものではないし、それが奏者のハートを傷つける言葉だと、
知る由もないでしょう。

しかしそれを説明しても、きっと理解されないので、ここでグチる(笑)

ゴールドは見た目も音も派手だから、
普段クラシックに触れていない人達には分からないと思うけど、
「ゴールド鳴らすの、どんだけ大変だと思ってるんだ~!!」ヽ( ̄д ̄;)ノ

いや、正しくは、
「シルバーの時に(殆どの人はそうですよね)正しい奏法を習得せずに、
ゴールドへ持ち替える事が、いかに大変か。」と言いたい。

こんな私が14K吹いてるなんて、めちゃくちゃ贅沢だけど、
ゴールドに替えてからの8年間、悩んで、もがいて、苦しんで…。

練習しても練習しても、全然上手くいかなくて、
指も病気になるし、フルートを本気で辞めようと思ったり…。
何度気が狂いそうになったことか(苦笑)

続けていく、極めていくことが「好き」という
情熱、感情だけでは持たないことを知り、
でも、それでも、歯をくいしばってでも、続けられる環境がある限り、
音楽を続けて行こうと決心して、やっと今の音、奏法を見つけた。
(と言っても、以前より少しマシなだけだけど。。。)

だから、材質が、銀だろうが、金だろうが、木だろうが、
ちゃんと作られた、調整された楽器で、ちゃんとした奏法であれば、
いい響き、キレイな音は必ず出る!

身内って、来てくれるのは本当に嬉しいんだけど、
あーだこーだ好き勝手に言うから困る。
まぁ、私も気にしなきゃいいんだけどね。

あー、ちょっとスッキリ。(笑)

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


2 Comments

パスピエ says...""
こんばんは

門下生コンサートが終わったとのこと みなさんセミプロ級の腕前のようで、すごいですね

さて、フルートの材質は音色に影響しないことは、科学的な実験で証明されているはずですが、銀製よりも金製のフルートの方が、もっと言えばプラチナのフルートの方が音が良いと信じている聴衆は多いですよね。そのため、銀でも十分いい音がすることは承知の上、「聴衆の期待に応えるため」に演奏会では金の楽器を使ってこそプロなのかなとも思います。フルートは見た目が優雅ですから、特に金との相性がいい楽器ですよね。

私は銀を使っていますが、今のところ他の楽器に目移りはしていません。楽器を浮気すると、上達に影響するような気がするので。。。
2015.09.03 20:07 | URL | #- [edit]
でめ子。 says..."Re: タイトルなし"
パスピエ さま

コメントありがとうございます。^^
フルートの材質が音色に影響しないって、科学的に証明されているんですね。知らなかったです。
パスピエさん、さすが物知りですね。

正しい奏法がプロ並みに確立されていれば、
おそらくどんな材質の楽器を吹いても
鳴らすのに苦労することは、ほぼないと思います。

以前、師匠が愛用している木管を吹かせていただいたことがありますが、師匠のように柔らかく美しい音は全く出ませんでした。
まだまだ修行が足りんです。。( ̄◇ ̄;)
2015.09.08 14:53 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://demeco.blog119.fc2.com/tb.php/324-6309aa72
該当の記事は見つかりませんでした。