でめ子のフルートと クラシック音楽と。。

初めての方、ご常連さま、お身内さん、ご訪問ありがとうございます!!フルートと大好きなクラシック音楽について綴っています。

人間性を磨く。

0   0

クラシック音楽を学ぶ、演奏することは、
この世で最高に美しい景色に出逢う為に、
己の限界を超えようと、あらゆる努力と鍛錬を重ね、
心や人間性を磨くことだと思う。

欠点まみれのワタクシごときが、偉そうに語れませんが、
日々修行を重ねていると、周りの方の人となり、
発する言葉や、立ち居振る舞いを見ていて、
人間性について考える機会が多くなった。

「演奏には、人間性が現れる。」
「人間性は目や顔つきにも現れる。」
演奏することは、己を表現すること。丸裸になるもの。良くも悪くも己が出てしまうもの。

例えば・・・
忙しそうにしている人を見かけたら、状況を察し
「何かお手伝いしましょうか?」と積極的に声をかけ、気配りのできる人。

人から何か施しを受けたり、お世話になった際には
「ありがとうございました。」と、相手に対し常に感謝や敬意を払える人。

ブログのコメントや、ちょっとしたお手紙やメールでも、面識のあるなしに関わらず、
礼儀正しく、謙虚な姿勢で、素直に気持ちを伝えられる人。

逆に・・・
夢や希望ばかりを語り、物事の本質を見極めない、
理想やうわべだけで自分を飾ろうとする人。

自分の価値観や物差しだけで物事を判断し、周りを見ない、耳を傾けない人。

「ありがとう」や「ごめんなさい」「大丈夫?」など相手の気持ちを慮るのではなく、
自分の願望や不満ばかりを主張する人。

様々な人の言動、表情を見ていて、「私もこういう風に心がけなければ。」と感じたり、
逆に「私もこんな風に見えていないか、相手を傷つけていないか」と、我を振り返ることもしばしば。
しかも悪気がない場合が殆どだったりして「それは、自分本位だろ!」と師匠から叱られてしまうのだけど

だから先ず、自分の欠点や足りないところに気付き、そこを越えていかないと。
演奏のテクニックは多少ついたとしても、本質的な音色や表現の部分は上達しない気がする。

欠点を指摘してださる方がいるって、とても有難いこと。
もう中年ともなると、そういう存在の人って殆どいなくなるのよね。。

しかし…人間性を磨くって難しいっ!(>人<;)

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://demeco.blog119.fc2.com/tb.php/333-94c606a8
該当の記事は見つかりませんでした。