でめ子のフルートと クラシック音楽と。。

初めての方、ご常連さま、お身内さん、ご訪問ありがとうございます!!フルートと大好きなクラシック音楽について綴っています。

編曲作業。(助手)

0   0



あっという間に12月も後半。
時間の感じ方が、年々速くなってきていて、
ワタクシ的には、まだ6、7ヶ月くらいの気分。。

「人生後悔のないように、しっかり生き抜こう!」
と決意を再確認した今日この頃であります。

はてさて本題へ。

ただいまチャイコフスキー先生のバレエ音楽”くるみ割り人形”の組曲(8曲)を
メドレーにして、フルートトリオに編曲中。

来年の3月、有難いことに師匠から再び
フルートアンサンブルのお仕事をいただき、
この曲もプログラムの中に入れたいとの事。

クラシックバレエを習っていた幼少期、
発表会で踊った、とっても思い出深い曲。

そこで?!ワタクシが師匠の助手として携わらさせていただいているのですが、
スコアのパートを読みかえるだけでも混乱するのに、
オーケストラの曲を三声にするって、なかなか無謀な挑戦。( ̄◇ ̄;)

指揮者、作曲家、ピアニストってやっぱり凄いなぁ。
スコア見るだけで、頭の中で全部の音が鳴ったり、弾けたりするんだもんね。
遠い方々…。😲💦

ところが…ワタクシのような素人の手にかかると、
まぁ~~、なんとも…ショボいっ!
特に終曲の”花のワルツ”なんて特に…💧

C管の人も吹けるように、最低音のHは使っちゃダメ!とか言われるし…。💀
例えば、ただ単に音をのばすだけじゃなくて、
リズムを変えたり、アルペジオにしたりとか、色々作らないとな。

もうちょい、もがいてみよう。
(あ…フルートの練習もしてますよ💦😱)

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://demeco.blog119.fc2.com/tb.php/342-a428d765
該当の記事は見つかりませんでした。