でめ子のフルートと クラシック音楽と。。

初めての方、ご常連さま、お身内さん、ご訪問ありがとうございます!!フルートと大好きなクラシック音楽について綴っています。

負けた…。

0   0



先週末はT門下の発表会。
普段、ブライダルやコンサートではできない難易度の高い曲に挑戦できる貴重な機会でもあります。

しかも今年は有難いことに特別に⁈参加者全員にソロ曲が2曲☆課題として与えられました。

ワタクシは、前半はモーツァルトのコンチェルトG-Dur、
後半はライネッケのコンチェルトからそれぞれ1楽章を演奏。

前半のモーツァルトは、調子に乗ったからか、途中の一ヶ所、大失敗😱💧したことを除いては(苦笑)
暗譜も落ちることなく、緊張で舞い上がることもなく、吹き終わった後もこの笑顔(写真左)。

後半のライネッケは、わりと平常心だったのが、いざ皆の目の前に立つとブワッと心拍数が上がり、
身体が硬くなるのが手にとるようにわかって、これはマズイと思っても演奏は始まってしまうので、
なんとか堪えるしかなく…。(写真右)

後半は殆どミスなく落ち着いてできたんだけど、前半では普段しないミスをポロポロと…💧💀

まぁでも、今までの発表会と比べれば一番落ち着いて演奏出来たし、
緊張で喉を痛めることもなく(普段は緊張が高まると喉が乾燥して痛くなる💧)
音も上ずることなく、わりとしっかり鳴っていたので、
これでも成長した方ではないかなと思う。

実は、事前のピアノ合わせでは2曲ともほぼノーミスで、リラックスして演奏できたので、
それが本番でも出来るようになるのが今後の目標かな💡
合わせで出来るんだから、本番でもきっと出来るはず。と、思いたい(苦笑)

やっぱり私はこういう本番に弱いのだろうな😅💧
トリだろうが、聴く時間が長かろうが、プレッシャーに負けない強い心と、
緊張しても普段通り吹けるテクニックを身につけることが必要だな。
めちゃくちゃ難しいけど💦

師匠からは「ハラハラドキドキして、演奏を見ていられない。」と言われてしまうし😱

音大や専門課程で勉強しないと難しい部分もあるのかなぁ、と思ったりするけど、
こればっかりはどうしようもないもんな~。

自分を信じて、日々努力するしかない。
頑張ろう。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://demeco.blog119.fc2.com/tb.php/377-6e99bb38
該当の記事は見つかりませんでした。