でめ子のフルートと クラシック音楽と。。

初めての方、ご常連さま、お身内さん、ご訪問ありがとうございます!!フルートと大好きなクラシック音楽について綴っています。

小手先で…。

0   0

あっと言う間に9月も後半。
そして、久しぶりの更新です。
定期的にご覧くださっている方、ごめんなさい🙇🏻

さて、久しぶりの更新はグチです(笑)

実はワタクシ、初心者の方や普段あまり練習をなさらない、素人レベルの方が
専門家の指示も仰がず、自分勝手な思い込みや判断で
楽器をカスタマイズするのは好きではありません。

洋銀から総銀、総銀からゴールドなどに楽器自体を替えることは、
段階や趣向、年齢などに応じて必要なことだと思うけど、

例えばオリジナルの頭部管の唄口をいじったりだとか…
そういう話を見聞きすると胸が苦しいし、めちゃくちゃ悲しくなる。

おそらく、そういう方々は何とかして、藁にもすがる思いで⁈
良い音を出したい、出るのだと思っているのかもしれないけど、
自分の根本的な奏法が変わらない限り、それは、99.9%無意味なことだと思う。

それにお金をかけるのなら、一流演奏家のコンサートへ出かけたり、
質の良いレコードやCDを聴いたり、信頼のおける先生にレッスンを受けたり…。
ちゃんと自分の身になることが他にある。

上達するには、先ずは毎日少しでも良いから練習して、日々努力するしかない。
上辺だけ取り繕うとしても、根本的に何も変わらない。ただの自己満足。

それにオリジナルに手を加えると、楽器の価値が下がる。
万が一、手放したい時に価格を通常よりかなり下げないと、買い手は見つからないだろうし、
最悪の場合、売り物にならない。

唯一、カスタマイズが許されるのは、楽器の事も自分の事もよく熟知・理解しているプロだけだと思う。

楽器を変えるんじゃない、自分を変えなくちゃ。

楽な道には何もない。
そう思う。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://demeco.blog119.fc2.com/tb.php/382-869b0eb3
該当の記事は見つかりませんでした。