でめ子のフルートと クラシック音楽と。。

初めての方、ご常連さま、お身内さん、ご訪問ありがとうございます!!フルートと大好きなクラシック音楽について綴っています。

ルーダルさん、借用中。

0   0



T師匠から「ルーダルカルテ(Rudall & Carte)」の頭部管(木製)を借用中。

手に入れたものの、あまり使用する機会がないらしく、それならばと
ワタクシのmuramatsuくんに使わせていただこうと思ってお借りしたのだ。

ルーダルカルテと聞いてすぐにピンと来た方は、お仲間ですね

"ベーム式フルート"の始まりは、フルーティスト兼製作家のベームから製造のライセンスを
フランスのゴッドフロワと、イギリスのルーダル&カルテが取得して、云々・・・

え~と、興味のある方は調べてみてください。
フルートのその辺りの歴史もとても興味深いです。と言っても、私も大して知らないけど(笑)

この頭部管さん、何十年前のかな?
OEMではなくオリジナルなので、80年くらいは経ってるのかなぁ。

唄口は村松くん(下)がわりとスクエアなのに対して、
ルーダルさん(上)は品の良い綺麗なオーバル。
この写真じゃわかりづらいかな

不思議なことにルーダルさんを使うと、音がすごく柔らかくなるし表情も変わる。
爆音はさすがに出ない(出なくて良いが)、低音は少しでも力が入ると、鳴らない。

むむ、これはなかなか手強いぞ。

ルイロットちゃんとは少し性格が違うけど、現代の笛ではなかなか出せない、
丸くて柔らかい優しい響きがするわ~。
ヴィンテージフルート・LOVE

しばらく、お世話になります

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://demeco.blog119.fc2.com/tb.php/404-fcd7ff3e
該当の記事は見つかりませんでした。