でめ子のフルートと クラシック音楽と。。

初めての方、ご常連さま、お身内さん、ご訪問ありがとうございます!!フルートと大好きなクラシック音楽について綴っています。

「シン・ソマティクス」 個人セッション

0   0

体の使い方を学ぶため、一対一の個人セッション(レッスン)に行って参りました。

「シン・ソマティクス」聞き慣れない言葉ですが、まだ日本には先生含め指導者が二人しか存在しないメソッドだそうです。今後は指導者ももっと育て、増やしていくそうです。

「アレクサンダー・テクニーク」はマニュアル通り、先生から言われた通り、そのまま全員が同じ体の動きをする、という印象でしたが、
こちらはもっと深く個人個人に焦点をあて、先生と話し合いながら、自分の体の状態を内側から意識、発見し、ベストの状態へ近付けていく作業をするといった印象でした。
前者が受動的なのに対し、後者は能動的。かな。自分の体の状態を言葉で説明するので、頭を使うし、ボキャブラリーの勉強にもなります。

それにしても、今日のセッションは目から鱗でした!
自分の体をどのように使っているのか、そして、いかにフルート仕様(依存)の体になっているかが、イヤというほど理解できました。
例を挙げると指をリラックスできない。どういう事かと言うと、普通はリラックスさせると指が真っ直ぐ伸びるらしいのですが、私は、指を一直線に伸ばすと非常に違和感があって、即座にフルートを吹く際の指に曲がっちゃうんです。あとは腕も!フルートを吹く方向にしか曲がらない(苦笑)筋肉が潜在的にそうなってしまっているんですね~~。先生が違う方向へ動かそうとすると、自分は意識していないのに、筋肉に力が入り、ビクッ!って反発しちゃうんです。先生も「すごーい!勝手にフルートのポジションに戻る~~!」と驚かれていました。。。トホホ。

それと、ジム通いの管楽器奏者の方、大胸筋を鍛えるのはNGだそうですよ。でめ子全然しらなくて、ジムのマシーンを体育会系のノリでガシガシやっていました
胸に筋肉をつけることによって呼吸を浅くしてしまうんですって。何も言っていないのに「ひょっとして大胸筋鍛えてませんか?」って聞かれた時はびっくりしました。流石、プロは体を触るだけでわかっちゃうんですね

今後はワタクシ用に作って頂いたストレッチをして、少しでもリラックスのふり幅を大きくしたいと思います!

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://demeco.blog119.fc2.com/tb.php/89-dfb25635
該当の記事は見つかりませんでした。