でめ子のフルートと クラシック音楽と。。

初めての方、ご常連さま、お身内さん、ご訪問ありがとうございます!!フルートと大好きなクラシック音楽について綴っています。

今回の練習課題曲

0   0

BOHUSLAV MARTINU First Sonata - for Flute and Piano」

ボフスラフ・マルチヌー(マルティヌー)1890年12月8日 - 1959年8月28日)は、チェコの作曲家。大変多作な作曲家で6曲の交響曲始め、様々な楽器のための30曲近くもの協奏曲、11作のオペラをはじめ、あらゆる分野で作曲を行った。(wikipediaより)

私の好きなフルート曲の中でも上位入りする曲。でも、フルートよりもピアノのメロディが好きだったりする。あ、フランクのソナタも同じだなぁ。

しかしこの曲、とにかく拍子がころころ変わる。
一楽章の中だけでも、7/8、3/4、4/4、2/4、3/8、6/8・・・といった具合。
変拍子ばかりではないのですが、拍節感を交えて各フレーズのキャラクターを出そうとするも、録音でチェックするとおかしな歌い方になってたり・・・。息のコントロールは出来てても、ピッチが微妙に合ってなくて、自分の思い描く表現になってないとか。
シンコペーションが何小節にもまたがって続いている箇所もあるし、ピアノと合わせるのはめちゃくちゃ難しそう。
初見段階なので曲の全体を掴んだり、楽譜を読み込んでいくのはこれから、、、でも、頭でガチガチに考えて吹いても良い演奏とはならない。
考えるより感じること、も大事。うぅ~ん、このバランスが難しいっ☆

来月のT師匠レッスンまでには、お耳を汚さない程度のクオリティにしなければ・・・。あと10日くらいしかないけど(苦笑)
軽~い焦燥を感じておりまする

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://demeco.blog119.fc2.com/tb.php/95-06bcb381
該当の記事は見つかりませんでした。