でめ子のフルートと クラシック音楽と。。

初めての方、ご常連さま、お身内さん、ご訪問ありがとうございます!!フルートと大好きなクラシック音楽について綴っています。

発表会の曲を振り返って。

0   0
どうでもいい情報だけど、今まで発表会でお世話になった曲たち。多分、さらった順番合ってると思う。計16曲。意外と覚えているものだわ(笑)・Gluck:The Dance of the Blessed Spirits・Kummer:The Last Rose of Summer Air Varie・Briccialdi:Il Carnavale di Venezia・Honegger:La Danse de la Chèvre・Chaminade:Concertino・Enesco:Cantabile et Presto・Hue:Fantaisie・Doppler:Hungarian Pastorale Fantasie・Dutilleux:so...

とにかく、吹きたい。

0   0
次の大台への足音が、着々と近づいてきておりますよ~😱ここ数年、誕生日前は必ずと言って良いほど体調が優れなくなるのだけど、今年も例に漏れず、ここ数日は微妙な感じの頭痛と吐き気が続いております💧💀こういう場合は、がっつり練習ができないのが残念なのだけど吹く。 何が何でも吹く。1時間でも。30分でも。いや、10分でも吹きたい。食欲が全くなくても、熱でフラフラの状態でも、どんなに疲弊していたとしても吹く。絶対吹く...

ルーダルさん、借用中。

0   0
T師匠から「ルーダルカルテ(Rudall & Carte)」の頭部管(木製)を借用中。手に入れたものの、あまり使用する機会がないらしく、それならばとワタクシのmuramatsuくんに使わせていただこうと思ってお借りしたのだ。ルーダルカルテと聞いてすぐにピンと来た方は、お仲間ですね"ベーム式フルート"の始まりは、フルーティスト兼製作家のベームから製造のライセンスをフランスのゴッドフロワと、イギリスのルーダル&カルテが取得して...

全ては、あれがきっかけだった。

0   0
今月はいよいよ?年齢の左側の桁が上がるので、節目として、今までのフルート人生の中でワタクシが経験したこと、感じてきたことをなんとなくつらつら書き連ねてみようと思う。たいした内容でもないし、少し長文なのでお読みになる方は、おヒマな時にどうぞ。m(_ _)mーーーフルートを始めたきっかけは、中学の吹奏楽部。フルートを選択した理由は、音が綺麗とか、楽器がキラキラしていて吹いている姿が美しいなどではなく、様々な...

衰える。

0   0
ようやく腰痛おばさん状態も落ち着き(苦笑)今日はご機嫌で一日中練習💕腰痛&腹筋痛になった原因を推測すると、年明けはロクに練習できなかったのに、最近になって急に何時間も練習しだしたので、身体がついていけなかったのだと思う。確かに母親が入院中だった1カ月間は、毎日吹いてると言えども、楽器に息を通すのがやっとという状態の日もあったし、吹く時間が多少取れたとしても、なかなか本腰を入れて練習できない。まぁ、事...

今夜の現実逃避。

0   0
ワタクシの最近のお気に入りの方Stefán Ragnar Höskuldsson(ステファン・ラグナー・ホスクルドソン)さま日本ではあまり馴染みのない方ですが、調べたところ、あの有名なブリ○コフさんと同じオーケストラで首席を吹いていらっしゃるそう。でもこれはねーご本人の不断の努力も、もちろんおありになるだろうけど、キラキラした美しいこの音色や音楽性を、元々持っていらっしゃるのだと思う。あ〜素晴らしい(羨ましい)...

K師匠からの電話。

0   0
「お弟子さんの名簿の整理をしていたら、君の名前がでてきたから。元気にしてる?」そう言って、お住いの東京から電話をかけてきてくださったK師匠。年賀状のやり取りはあったけど、肉声を聞くのは、実は2年ぶり?なんだかんだで30分くらい、お話しをさせていただいて。今年で御年74歳。相変わらず、闊達で生き生きとした声を聞き、とても嬉しく思いました。というか、さらにパワーアップされてるかも??毎年、精力的にコン...

そして、腰痛。

0   0
沈んだ気持ちを切り替えて、また頑張ろうとしていた矢先、腰に痛みが…。普通に生活する分は何も問題ないけど、楽器を吹く時は、上半身を風船の様に膨らませるので、それだけで腰に痛みが走る。フルートに限らず、ブレスが音に直結する楽器は、ある意味大変💧フレーズによっては、使える音にならないので、まともに曲が吹けない。特に息が少なくなってくる時なんかは、さらにお腹や腰で、音と響きを支えるので、腰にビリビリッ!とし...

つぶやき。

0   0
母の病状も一応は落ち着いたので、いつも通りの練習を再開。フルートを毎日毎日吹いていられるのは当たり前じゃない。特別なこと。貴重な時間なんだ。もし自分だったり、家族だったりが重い病気や事故に遭ったら、ここまでフルート漬けの生活はきっと無くなる。私がフルートを吹こうが吹くまいが誰に迷惑をかけるわけでもないしね。でもせめて、練習ができなくても、音楽を聴く時間があれば嬉しいな。私にとって音楽は、生きるため...

もう一度、生きる。

0   0
先月上旬のこと。(おそらく前回のブログを投稿した日)普段はすこぶる元気な母が、急病のため入院し、ワタクシも母の看病のため、この約1カ月、病院と自宅の往復でした。入院当初の2週間くらいは(瞳孔が開いたままによる)眩しさで目が見えず&開けられず、激しい頭痛と嘔吐で食事もままならず、自力で起き上がることもできない、会話すらまともにできない母を目の当たりにし、悲しいとか、ショックで取り乱すというよりも、今、私は...